健康保険組合連合会愛知連合会

けんぽれんあいち
健康保険組合連合会愛知連合会
〒451-0045
愛知県名古屋市西区名駅3丁目9-37
合人社名駅3ビル(旧:48KTビル)4階
TEL052-569-2130 FAX052-569-2236

地図はこちら

健康ウォーク2017秋開催報告

コース・開催案内はこちらからご覧いただけます

 平成29年10月7日(土)、秋の「けんぽれんあいち健康ウォーク」を開催いたしました。
 天候が悪い中でのスタートでしたが、午後からは天候も回復し、青山公園から新美南吉記念館、半田赤レンガ建物などをめぐり、雁宿ホールまで歩く8.5kmのコースを楽しみました。
 ゴール後ははんだ山車まつりの会場まで足を延ばし、お祭りを楽しむ参加者も見られました。

  • 名鉄河和線青山駅
  • スタート 青山公園
  • 任坊山公園
  • 半田空の科学館 半田市立博物館
  • 新美南吉記念館
  • 矢勝川堤
  • 南吉の生家
  • 半田赤レンガ建物
  • ゴール 雁宿ホール
  • はんだ山車まつり

名鉄河和線・青山駅


駅を出て、受付会場の青山公園へと向かいます。

ページトップへ

スタート 青山公園


たくさんのブースの中から、自分の組合を探します。受付を済ませたらさっそくスタートです。

続きはこちら


青山公園を出て、案内表示に従って進んでいきます。

ページトップへ

任坊山公園


しばらく歩いていくと、任坊山公園が見えてきます。

続きはこちら

●任坊山公園

芝生広場や遊歩道が整備された緑豊かな公園。東側にある遊歩道を抜けるとみはらし台があり、半田市内や衣浦港を一望できます。


任坊山公園でひと休み。公園沿いに歩いていくと、すぐに半田空の科学館に到着です。

ページトップへ

半田空の科学館・半田市立博物館

半田空の科学館

直径18mのドームに、240人収容の観客席を備えたプラネタリウムでは、季節に合わせて趣向を凝らしたプログラムを投影しています。見る・触れる・遊ぶといった体験を通して、地球や宇宙について楽しく学べる施設です。

開館時間 9:00~17:00(プラネタリウムホール・天体観測所は21:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
入館料 入館無料
プラネタリウム観覧:大人(高校生以上)210~500円、子ども(3歳以上)100円~200円
※観覧料はプログラムにより異なります。くわしくは半田空の科学館公式HPをご覧ください。
電話 0569-23-7175

続きはこちら


プラネタリウムが大人気。多くの方が開場を待っていました。


科学館の隣にある、半田市立博物館へ向かいます。

半田市立博物館

半田市内にある31輌の山車を、1輌ずつ交替で展示しているほか、知多半島の自然・歴史、祭礼や伝統の酢造りについて展示されています。間近で見られる大迫力の山車は必見です。

開館時間 10:00~18:00
休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
入館料 無料
電話 0569-23-7173


市街地をまっすぐ進み、新美南吉記念館を目指します。

ページトップへ

新美南吉記念館


森へ入っていくと遊歩道が。所々で姿を見せるきつねたちが、新美南吉記念館へ案内してくれます。

続きはこちら

新美南吉記念館

童話「ごんぎつね」の作者として知られる新美南吉の文学の世界を、彼の生涯とともに紹介しています。館内では、自筆原稿や日記をはじめ、南吉作品のジオラマ展示を見ることができます。

開館時間 9:30~17:30
休館日 月曜日、第2火曜日(月曜日と第2火曜日が祝日・振替休日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
入館料 210円(中学生以下は無料)
電話 0569-26-4888


ジオラマ展示はわかりやすく、大人から子どもまで楽しめます。館内に隠れている子ぎつねを探しながら歩くのもおすすめです。


記念館前の広場では、多くの方がお弁当を広げてひと休みしていました。

ページトップへ

矢勝川堤


新美南吉記念館を出て歩いていくと、矢勝川が見えてきます。

続きはこちら

●矢勝川堤

「ごんぎつね」の舞台となった矢勝川周辺には、童話に登場するようなのどかな里山風景が広がっています。9月下旬から10月上旬にかけて、300万本の彼岸花が咲き誇ります。


彼岸花のほかにも、コスモスなどが秋の矢勝川を彩ります。


ででむし広場では、かたつむりの形をした遊具で遊ぶ姿が見られました。

ページトップへ

南吉の生家


ででむし広場を過ぎると、常福院が見えます。境内の大きなソテツは創建時に植えられたもので、市指定天然記念物になっています。

続きはこちら


常福院の先には、岩滑八幡社があります。童話「狐」などにも登場する、岩滑の氏神で、南吉は毎日この境内を通っていたそうです。


併設された公園では、楽しそうに遊ぶ姿も。
岩滑八幡社を過ぎると、すぐに南吉の生家が見えてきます。

南吉の生家

大正2年7月30日に生まれた南吉の生家で、表からは1階建てに見えますが、裏にまわると2階建てになっています。南吉が住んでいた当時の間取りを復元しており、昭和62年から公開しています。

開館時間 9:00~17:00
休館日 年末年始
入館料 無料
電話 0569-26-4888


奥にある階段を下りると勝手場や物置があり、当時の生活が垣間見えます。


南吉の生家を離れ、案内に沿ってしばらく歩きます。

ページトップへ

半田赤レンガ建物


階段を下りて右に曲がると、レンガ造りの大きな建物が見えてきます。

続きはこちら

半田赤レンガ建物

半田赤レンガ建物

明治31年にカブトビールの製造工場として誕生。現在ではほとんど例を見ない、極めて特徴的な構造が特色で、国の登録有形文化財にも登録されています。建物内のカフェでは、生カブトビールを味わうことができます。

営業時間 常設展示室:9:00~17:00
企画展示室:9:00~22:00
ショップ、カフェ ブリック:10:00~17:00
休館日 年末年始
入館料 常設展示室:大人(高校生以上)200円(中学生以下は無料)
電話 0569-24-7031


カブトビールや、半田・知多半島の名産品を揃えたショップは、多くの方でにぎわっていました。


常設展では、写真や模型を通して、半田赤レンガ建物やカブトビールの歴史に触れることができます。

ページトップへ

ゴール 雁宿ホール


半田赤レンガ建物を出て、踏切を渡ります。


出口町の交差点を渡ると、もうすぐゴールです。

続きはこちら


ゴール!雁宿ホールに到着です。

ページトップへ

第八回 はんだ山車まつり


せっかくなので、はんだ山車まつりの会場へ足を運んでみます。

続きはこちら

第八回 はんだ山車まつり

5年に1度、市内10地区31輌の山車が集結。豪華絢爛な山車が、勇壮な曳き廻しの後、一堂に会する様子はまさに圧巻です。

ページトップへ

受付参加組合(50音順)

01 愛三工業 13 デンソー 25 名古屋薬業
02 アイシン 14 トーエネック 26 日本車輌
03 愛知県信用金庫 15 東邦ガス 27 日本特殊陶業
04 愛知県農協 16 豊田合成 28 ノリタケグループ
05 愛知製鋼 17 トヨタ自動車 29 富士機械製造
06 愛知時計電機 18 豊田自動織機 30 フジパングループ
07 愛鉄連 19 トヨタ関連部品 31 ブラザー
08 ATグループ 20 トヨタ車体 32 ユニーグループ
09 オークマ 21 トヨタ紡織 33 リンナイ
10 サーラグループ 22 ナオリ 健保連愛知連合会
11 大同特殊鋼 23 名古屋鉄道  
12 中部電力 24 名古屋文具紙製品  

いままでの開催風景はこちらからご覧いただけます

次回は平成30年4月に開催します。

今回ご参加いただいた方はもちろん、参加できなかった方も次回はぜひご参加ください。
コース等が決まり次第、ご案内を掲載いたします。

ページトップへ